United Salon 大阪

NEWS NEWS

TOURBILLON of TOURBILLONS by ANTOINE PREZIUSO

IMG-3164

天才時計師アントワーヌ・プレジウソ氏が2つの回転を行う、脅威のトリプル・トゥールビヨンを送り出した。

3つのパワー

ANTOINE PREZIUSO GENEVE の新作には、回転ディスクに設置された3つのトゥールビヨンが登場します。まるで3つの心臓鼓動が一つになったように共振します。この機械による動きの組み合わせを実現するには、信じられないほど複雑な挑戦に挑まなければなりませんでした。それはとりわけ、3つの差動装置を作り上げるということでした 。 詩情帯びるこのTourbillon of Tourbillons は感動に満ちた敬意を最も美しい時計複雑機構に捧げます。

 

このTourbillon of Tourbillonsを製作することにより、ANTOINE PREZIUSO GENEVE は複雑時計の中で最も象徴的なトゥールビヨンの長い歴史に一つの区切りを作りました。重力法則に打ち勝ったトゥールビヨンは、これからは共振法則と共に歩んでいくのです。

IMG_3253

3つの国際特許によって保護されているこの技術的快挙は、ムーブメント中央に位置する差動装置の開発によって可能となりました。それには、長年に渡る努力や計算、そして想像力が必要でした。時計の頭脳である3つのセンター差動装置は物理法則と数学公式が混じり合った極めて複雑なもので、どのような情報プログラムも未だかってその機能を正しくシミレーションすることができないほどです。そのためには極小のベアリングボールの製作が必要でした。 それは、直径わずか1.6ミリです!

 

Tourbillon of Tourbillons は ANTOINE PREZIUSO GENEVEが2004年から持ち続けてきた夢です。息子フロリアンの助けを得て、次々と立ちはだかる数多くの技術的障害を乗り越え、具体化に成功しました。高級時計の規範を厳密に守って作られている特徴を持つ、ムーブメントAntoine Preziuso AFP-TTR-3Xの部品はどれも仕上げも組み立ても手作業でなされています。 受けはコート・ドゥ・ジュネーブで装飾され、トゥールビヨンのブリッジと地板はチタン製、ケース、リューズは無垢の18金製です。

 

Tourbillon of Tourbillons には強い象徴的な記号3が全体にみられます。振動数3ヘルツの3つのトゥールビヨンは3つの慣性ブロックによって分けられた3つの差動装置につながり、Tourbillon of Tourbillons を動かします。3つのトゥールビヨンは60秒間で自転し、回転ディスクは1時間に6回転します。時計の裏側には、コート・ドゥ・ジュネーブ装飾が施された受けの上にルビー3個がサファイアガラスを通して6時位置に見えます。これに対し12時位置に小サイズの3個のルビーも見えます。過去、現在、未来からなる3つの時、複雑な構造の立体(3次元)はいうまでもなく、さらにケースが3種の金属で構成されていることも挙げられます。 Tourbillon of Tourbillons は、見える、あるいは、隠れた3の数字とその倍数の記号に満ちています。地球の時を測るのには、少なくともこのようでなくては。太陽系3番目の惑星なのですから!

IMG_3292

特許

Tourbillon of Tourbillons は3つの特許で守られ、そこには、10年の開発の末にプロジェクトに命を与えることのできたANTOINE PREZIUSO GENEVEの創造性と革新性を見ることができます。

 

ひとつの回転ディスクの上に複数のトゥールビヨン

3つのトゥールビヨンを一つの回転ディスクに乗せることにより、稀に見る規則正しさを作り上げました。

各トゥールビヨンはそれぞれ1分間に1回転します。

文字盤を1時間に6周(言い換えれば、10分毎に1周)するディスクより速いリズムです。 ですから、トゥールビヨンの回転速度はこの2重回転により加速されるわけです。各トゥールビヨンはプレート中心からそれぞれの軸まで同距離に置かれているので、正三角形を形作ります。 3つのケージは、全体の等時性を改善しながら、 異なる回転軸に従いそれぞれの速度で動きます。

IMG-3252

共振

接近して置かれている独立したトゥールビヨンレギュレーター3つは、そのディスク上の配置により、「同時性」という現象により共振を始め、自然に同一の振動数を取り入れていきます。共振が始まると各振動子は振幅を大きくし、それは、肉眼で見えるほどです。こうしてシステム全体は完全に安定した3ヘルツで振動するひとつの革新的なレギュレーターとなります。

IMG_3292

トリプル差動装置 または、シンクロナイザー

この差動装置は、構想もそうですが、与えられた様々な役割からしてユニークなものです。ツインバレルからのコンスタントなエネルギーを3つのトゥールビヨンに供給し、そのエネルギーを中心から針の軸の邪魔をしないように移動させ、トゥールビヨンの停止を管理し、振動変化があった場合はそれを改めるという役割を担っています。 直径が1.6mmあるかないかの大きさのボールベアリングを内蔵していて、その中には直径0.0013mmの玉6個が納められているのです!

 

TOURBILLON of TOURBILLONS

AFP-TTR-3X – 「3のパワー」

IMG-3151

ムーブメント

キャリバー  :  Antoine Preziuso AFP-TTR-3X

巻き上げ    : 手巻き

パワーリザーブ   :  48時間

サイズ               :  39.8mm

厚み                  : 10.8mm

トランスミッション     : トリプルセンター水平差動装置

レギュレーター        :  天体惑星式のトゥールビヨン3個

振動数        :  3 X 21’600Ah (3ヘルツ)

回転速度     :  1分につき1回転(トゥールビヨン)   1時間につき6回転(ディスク)

構成部品数        :  570(内65がトリプル差動装置用)

ルビー     :  65個

ベアリングボール    : 6個

香箱    :  平行ツインバレル

装飾    :  面取りブリッジ、コート・ドゥ・ジュネーブ

国際特許3  :     回転ディスク上の複数トゥールビヨン、共振、 トリプル差動装置

機能    :  時、分

ケース形状

サイズ                    直径45mm

厚み                      14mm

素材                      チタン      グレード5 / スチール / ピンクゴールド、18カラット

ガラス                    反射防止加工サファイア

リュウズ    AFP (Antoine, Florian Preziuso) ロゴ付きゴールド製

裏蓋                      サファイア

クロコダイル革

デプロワイアント式バックル

 

価格 : 64,640,000円+税

2つの回転を行う驚異のトリプル・トゥールビヨンを手に取ってごらんください。

※実物をご覧いただくために、事前に連絡を頂けましたらスムーズに対応させて頂くことができます。

IMG-3258

アントワーヌ・プレジウソ氏